ご利用者様の声

  • HOME
  • ご利用者様の声

ご利用者様の声

当社サービスをご利用いただき、ネパールの「人財」をご内定くださったご利用者様の声をご紹介させていただきます。

  • アミコ株式会社 代表取締役 岩見博史(いわみ ひろふみ)様

    アミコ株式会社
    代表取締役 岩見 博史様

    アミコ株式会社 代表取締役 岩見博史(いわみ ひろふみ)様

    1.特定技能「人財」の採用についての動機


    当社が運営する12の施設において、利用者様の増加に対して必要な職員数が確保出来ず入居を断らざるを得ない状態が続いております。広く海外人材の採用目を向けたとき㈱Dogwood Communityに出会い、ネパールの人材採用に大きく方向転換させて頂きました。

    2.実際の採用活動においての感想


    「日本で成功したい!」この様な気迫を感じる人材が沢山おられました。最近の日本人が忘れた「家族のために働く喜びと希望」の様な考え方がこの国には残っている様な気がしました。我々もこの思いを持って来日する彼らに出来うる限りの協力を惜しみません。

    3.特定技能制度についての考え


    細部については未だ未だ改良の余地はあるかと思いますが、技能研修制度の矛盾点を大幅に改善できる制度と理解しております。特に私どもが運営する小規模な施設(グループホーム・ショートステイ)には最適な制度だと思います。

    4.㈱Dogwood Communityの取り組みについて


    特定技能制度という新しい海外人材の獲得について、業界のパイオニアとして頑張っておられます。私どもの法人グループも「技能研修制度」の使いにくさを痛感していた段階で当社をご紹介頂き、今後も新しい制度に因る採用活動を確実に進めて行きたいと願っております。

    5.これから採用を検討されている皆様へ


    特定技能制度・技能研修制度・EPA等、海外人材の確保の方法は今後も増えてくると思いますが、何れにしても避けては通れない時代となってきます。たとえ少人数であったとしても、他社より早く「外国人と働く職場環境」の構築に努力されては如何でしょうか?結果、そこで働く日本人職員の刺激にも成るのではないでしょうか。

  • 社会福祉法人神戸老人ホーム 法人本部 副施設長 内海 健一 様

    社会福祉法人神戸老人ホーム
    法人本部 副施設長 内海 健一 様

    社会福祉法人神戸老人ホーム 法人本部 副施設長 内海 健一 様

    1.特定技能「人財」の採用についての動機


    新型コロナで特定技能の入国数は伸びていませんが今後、介護業界に於ては技能実習よりも特定介護が重宝されるのではないかと考えています。

    2.実際の採用活動においての感想


    早く日本に来たい、頑張りたい、という気持ちが面接でとても良く伝わってきました。一生懸命日本語を勉強しているであろうことも伝わってきます。

    3.特定技能制度についての考え


    在留期間が技能実習の3年と比べ5年と長く、介護技能評価試験に合格しており、即介護人員としてカウントできる。事業所を限定できない点に不安はあるが日本人と同等の処遇や教育の支援をすることで本人も理解してくれるのではないかと考えています。

    4.㈱Dogwood Communityの取り組みについて


    ネパールとのパイプのある人材を身近に抱え、ネパール職員も採用し、とても積極的な取り組みであると思う。営利目的というより、ネパールとの人材交流に主眼を置いているところが良いと感じています。

    5.これから採用を検討されている皆様へ


    まだ実際の雇用には至っていないのではっきりとは言えないのですが、ネパールの方々は日本人と親和性が高く、喜びや悲しみの感受性が高い国民性であると聞いています。既にベトナム・ミャンマーの留学生や技能実習生を受け入れ期待通りの活躍をしていただいております。職員もご利用者様も比較的抵抗なく受け入れができるのではないでしょうか。絶対数が不足する介護人財の貴重な戦力として期待しています。

ページのトップへ戻る