オプションサービス(別途費用)

特定技能の日本語合格基準は、日本語能力試験[N4]です。
これは、日常会話レベルであり実践的な会話は難しいのが現実です。このまま日本の介護事業所で働くと、コミュニケーションがうまくできず事故のリスクや日本人スタッフの困惑が予想されます。
施設で働くまでには、[N4]ではなくもう一つ上のレベルである[N3]レベルを習得させる必要があると考えています。
下記にオプションサービスをそれぞれご説明させていただきます。

  • 現地でN3レベルまで習得

    【現地でN3レベルまでを習得】

    来日までの期間で日本語能力[N3]レベルを現地で習得させます。
    現場ではスタッフとのコミュニケーションも必要になってきますので[N3]レベルあるとある程度コミュニケーションが可能となります。

  • SKYPE面接

    【1週間研修合宿】

    来日後、そのまま雇用先に送り出すのではなく弊社が1週間研修合宿を行い「オリエンテーション」「介護技術指導・基礎知識の確認」「日本語コミュニケーション」等のプログラムを受講してから雇用先に送り出します。